リーンフレームの返金制度について!

 

リーンフレームは、気に入らない場合には、返金してくれる。それは本当なのですがそんなに甘くないです。

 

商品到着後30日以内 にカラ瓶を送れば、返金してくれるのでが・・。

 

返品事務手数料1,500円を引かれてしまいます。それと送る時の送料も自分です。

 

という事は、全額じゃないじゃないのです。おまけに外国に送らなくちゃいけないんです。

 

香港とかにね。国際郵便です。合わせると2.000円くらい差し引かれます。1本 4,690円 だから2.690円返ってきます。

 

まあ、商売ですからね、しょうがないのかな。

 

最近は、楽天なんかでもリーンフレームは販売してるけど返金なんかないですからね!かなりマシだと思います。

 

トップページに戻る!

リーンフレームを調べてみました!

私は、人に良いと言われても、自分で調べなきゃ気が済まないたちなのです。
リーンフレームのには、燃焼系・食欲を抑える・運動系の3つの効果がある成分が含まれています。

 

白インゲンの炭水化物や糖分を吸収しにくくする効果《脂肪燃焼系》

リーンフレーム効かない

まずは、メインの成分で一番多く配合されている白インゲンエキスから。

白インゲンエキスには、ファセオラミンという成分が含まれています。炭水化物の消化酵素の働きを制御して、糖を吸収されにくくする作用があります。
白インゲン豆エキスを1日に445mg、1ヵ月のみ続けた結果、体重が4%、体脂肪量が約10%減ったという報告もあるというのです。

 

リーンフレームには、1日分300mgの白インゲンエキスが含まれています。上記の報告よりちょっと少なめですが効果が期待できますね。もちろん、食事の前に摂取すれば、血糖値の上昇を抑制し、糖尿病を予防にもなります。

 

これは、わかさ生活さんのサイトで調べました。
《参考文献》https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1796956/
イタリアのローマにある化粧研究センターの研究です。

本研究の研究は、過体重の被験者の体組成に対して消化酵素アルファアミラーゼの活性を阻害することが以前に示された白色腎臓由来の445mgのインゲンの抽出物を含有する栄養補助食品を試験する。
60人のボランティアにインゲンエキスを炭水化物を食べた後に30日間投与した。
そして、30日後に炭水化物2000〜2200kcalを食べ、インゲンエキスを投与された被験者は、体重・BMI脂・脂肪の量・脂肪の厚み、特に腰周り減少した。しかし、股関節と大腿部の周囲は※除脂肪体重は変わらなかった。

除脂肪体重とは?

除脂肪体重は、体重において、体脂肪以外の、筋肉や骨、内臓などの総重量のことです。

 

調査結果は、こんなことが書いてあります。

インゲンマメを主成分として抽出物は、体脂肪の有意な減少を生じ除脂肪体重を維持する。インゲンマメ 抽出物は、体重減少・維持プログラムにおいて考慮すべき安全かつ有効な補助剤である。

白インゲン豆エキスは、有効的なのが分かりました!

 

ガルシニア・カンボジア 《食欲を抑える》

次の有効成分は、ガルシニア・カンボジアです。なんか、変な名前ですね。これは、東南アジアのフルーツでDHCなんかでもダイエットサプリとして販売しています。
ガルシニア・カンボジアが食欲を抑える
こんなの!

 

リーンフレーム効かない

 

なんか、フルーティーなかぼちゃ!という感じです。

ガルシニア・カンボジアの有効成分

有効成分は、ヒドロキシクエン酸:Hydrocitric Acid(HCA)と言います。過剰な炭水化物の脂肪への変換を防ぐために体内のATPクエン酸リアーゼを制御します。

ATPクエン酸リアーゼとは?

簡単に言うと、脂肪酸合成のためのに必要な物質

ガルシニア・カンボジアが食欲を抑える理由

ストレス摂食は、食物欲求と過食症の原因になりますね。ガルシニア・カンボジアのセロトニン濃度は、気分の揺れや暴力や情緒的摂食を抑制し、睡眠を改善し、ストレスを管理することが知られています。

セレトニンとは?
セロトニンは脳内物質のノルアドレナリンやドーパミンの活動を調節し、不安感をなくし、精神を安定させ、落ち着かせる作用があります。

 

カルニチン《運動系》

カルニチンの効果は、脂肪燃焼を助ける事と、疲れを取ったり回復させることです。スタミナアップにも!

 

カルニチンは、アミノ酸の仲間ですね。その昔、この成分をオリンピックの選手が使用したら、いい成績をだった事で有名になりました。運動やスポーツに関わりが深いのです。

 

牛肉のお肉の赤身の部分にカルニチンは多く含まれます。リブステーキですね。

 

リーンフレーム効かない

 

赤みのステーキに多く含まれます。最近は、油の少ない赤身のステーキが人気です。アメリカに行くとステーキといえば赤身ことですね。日本人は、脂がのったものを好みますが健康的には赤みの方良いのです。
赤身のステーキは、硬めですが、これを内蔵が消化するにもカロリーを使います。こんなことも脂肪燃焼を促進するのです。

 

共役リノール酸(CLA)《脂肪燃焼系・運動系》

このリノール酸は、共役(きょうやく)と読みます。不飽和脂肪酸の仲間ですね。不飽和脂肪酸と言えばリノール酸・青魚に含まれるDHA・EPAが有名ですが共役リノール酸は、仲間なだけで働きが違います。それは栄養を体中に送ることがお仕事なのです。いくら栄養を摂っても、行き渡らなければ意味がないですからね。体にエネルギーが行き渡るということは脂肪燃焼にもつながります。

 

牛乳や牛肉に含まれますが、その量は微量で食べ物から摂取することは、難しいのです。
マサイ族の運動能力は有名ですが、マサイ族は、この共役リノール酸を多く摂っているという事がわかっています。
それは、牛です、牛にはもともとリノール酸を共役リノール酸に変える仕組みを胃で行えます。その牛の血液を飲むことが多いのです。

 

クレアチン《運動系》

クレアチンは、私も使っています、これを使うと約10%のパワーがアップするのです。ホントに力が出るので驚きです。今まで以上に筋肉に負荷がかかるので、筋肉が傷つき修復するので、筋肉量が増えるのです。ボディビルダーに人には必須な栄養素です。生の肉や魚に多く含まれます。

 

このクレアチンは、水を多く取ることでその効果が得られます。理由は、クレアチンを飲むことでより多くの水分が筋肉に貯まるのです。水は空気と違い圧縮しても体積は変わらないのです。水の力でパワーがアップするのですね。筋肉がつけば、代謝もあがります。相乗効果で脂肪も燃焼できるのです。これがしなやかな筋肉を作るお手伝いをしているのですね。

 

その他の栄養素

アルファリポ酸 など運動するとき使えば脂肪燃焼に良いのですが、私の場合、あまり効果がなかったですね。ラジオショッピングで盛んに宣伝していたので買ったことがあるのですが、効果はさっぱり!という結果でした。無いよりは良いという印象です。

 

他の成分もいろいろ入っているのですがですが、こんなもんですね。キリがないので!

 

BBXとリーンフレームは何が違うの?

BBXというサプリがあります。これも人気があります。リーンフレームと何が違うの?
調べてみました。

 

リーンフレームの方が最新です!

新し物好きな私にはいいのかも!サプリは新しい方が改良されています。古いサプリより劣っているのでは、売れませんからね。なんでもそうですけど。
日本では2017年の6月に発売です。

 

メインの有効成分量が違う!

有効成分は、2つとも大体同じです!
メインの有効成分量が違います。BBXとリーンフレームどちらもメインの有効成分は、白インゲンエキスです。
この白インゲンエキスが、リーンフレームがは、BBXの倍以上含まれているのです。

 

  • リーンフレームの白インゲン豆エキス 300mg
  • BBXの白インゲン豆エキス 145mg

 

この2つのサプリメントの私の思う思惑!

成分や栄養素などは、効果があるのは、その人の体質によります。何でもかんでも誰にでも効果があるなんてありえないです。
それがサプリメントのネックですね。それをこの2つのサプリメントは、有効成分をこれでもか!と入れることによって解消しているのだと思います。なにかしら効果があるだろう!という感じ。
ダイエットサプリのドンキーホーテですね。

 

値段が違う!

値段がBBXよりリーフレームの方が安い!